2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んなまぬ(今の)伊良部】
<プライベートビーチ>
伊良部島・下地島の周りにはたくさんのビーチがあります。
伊良部の人にはそれぞれお気に入りのビーチがあって、潮干狩り、釣り、酒盛り、デートなどで利用していました。
橋が架かる前は、船の本数も限られていたり、船賃が掛かる事もあって伊良部島を訪れる人は少数でした。
訪れる場所もガイドブックに紹介されてる観光地などの有名な場所がほとんどです。
シュノーケルなど海遊びが目的の人も大半は中の島ビーチにやって来ました。
伊良部大橋が架かってから伊良部島への観光客は急増して、10倍にもなったと言われています。
島に訪れる人が増えると、今まで島の人しか訪れなかったビーチにも人影がチラホラと見られるようになりました。
究極のプライベートビーチは人の出入りを拒んでいるかのように入り口は草で塞がれていますが、これからも綺麗な状態で残っていって欲しいものです。
キドマリバタ (1024x691)



「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る