2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<サタパンビン>
サタパンビン (1024x786)沖縄の名物にサーターアンタギーという沖縄のドーナツがありますが、伊良部ではサタパンビンといいます。
サタは砂糖でパンビンは天ぷらです。
サタパンビンはスーパーでも売っていますが、各家庭でも作ります。
カボチャ味にしたり、ふくらし粉を入れたり家ごとに工夫したレシピがあってそれぞれの家庭の味になっているソウルフードです。
外カリカリ中ホクホクで日持ちもしますが、作りたてはよりホクホクしてより美味しいです。
まるよしでもスタッフの作った「伊良部小学校バレーボール全国大会出場記念」のサタパンビンが好評でした。
まるよしに来られた方はタイミングが合えば作りたてが食べれるかもしれません。



「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る