2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<扇風機>
まるよしの食堂はランチタイムも居酒屋タイムも混み合います。
厨房の中では絶えず火を使うため、換気扇も回しても、食堂の冷房を全開にしても熱気でまるで蒸し風呂です。
夏場はただでさえ暑いので汗だくでフラフラになるほどです。
最近は扇風機を厨房の入り口に置いて、食堂の冷気を厨房に送るようにしています。
扇風機の風量調節には強中弱の表示がありますが、伊良部では1、2、3といいます。
そんな訳でまるよしの扇風機は一年中「1」で活躍しています。


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る