2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<船チャーター>
橋が架かる前は定期船が無くなった後に産気づくと、船をチャーターして宮古島まで行かなくてはなりませんでした。
救急車は無料ですが、船は有料です。
当時小さい船でもチャーターするのに15,000円ほどかかったそうです。
子供を産むのも大変ですが、病院までたどり着くまでも一苦労です。
船の中で出産したため、船の名前を子供に名づけた人もいます。
そんな大変な環境で出産した事もあるのでしょうか、島の人は子供が大好きで大切に育てます。(2017.11.07)
うぷゆう (1024x691)
「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る