2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

まるよし人間模様】
<一期一会>
梅雨明けも過ぎて夏の匂いがしてくると、観光客の方々の数も増えてきます。
そんな中、大阪から初めて宮古島を訪れたAさんが一人で食事をしているとファミリーが食事に来ました。
あいにく満席でしたが、Aさんが他のお客さんと相席して頂いたのでファミリーも無事食事ができました。
たまたま相席になったのはまるよしに通う長期滞在中のお客さんたちで海の話で会話も弾み、明日の移動に必要な伊良部島のタクシードライバーも紹介されました。
短い滞在でしたが素潜りをタップリ満喫した他、SUPも体験されたようです。
一期一会。旅の出会いは楽しいものです。
これをきっかけにまた伊良部を訪れて欲しいものです。
まるよしでは電話予約のお客さんにリピーターサービスを検討中です。
シンビジュ (1024x757)


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る