2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

まるよし人間模様】
<サンゴかぶれ>
ビーチエントリー出来る海では、沖縄一綺麗という海に魅せられてまるよし通いを始めたというHさんですが、景色を満喫するのに飽きたらず、色々な獲物を探すのにも力を入れているようです。
ヤシガニの捕獲が禁じられる以前はヤシガニ探しに燃えていましたが、保護条例が施行された後はスイジガイやクモガイなどの貝探しに軸足をおいて、今ではハチジョウダカラという大型のタカラガイ探しに余念がない様です。
そんなある日大潮の引き潮時に海に向かったHさんでしたが、貝探しに夢中になってサンゴで腹を擦ってしまいました。サンゴの産卵時期だったせいか、ラッシュガードを着ていたにもかかわらずお腹がかぶれて痒くてなりません。
アルコールを飲むとかゆみが増すと言う情報を仕入れて、ビールを我慢してノンアルコールビールを流し込んでオカガニとホタル探しに夜の探検に出掛けましたが、今度は蚊にしこたま刺されて帰ってきました。
まるで絵に描いたような泣きっ面に蜂という事でしょうか。
皆様も海に入る際と夜にお出掛けの際は完全防備でお願いします。
アッタバサマサンゴかぶれ (1024x759)


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る