2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<スク>
沖縄の郷土料理にスクガラスがあります。
スクガラスとはスクの塩漬けの事です。保存食になっていて沖縄のソウルフードの一つになっています。
宮古島の居酒屋にはスクガラス豆腐などのメニューが並びます。
スクはアイゴの稚魚の呼び名でシュクとも呼ばれる事があるそうです。
スクは毎年決まった時期にやってくるので、寄り物として天からの恵みと言われています。
旧暦の5月、6月、7月の一日の日の大潮の満潮時にリーフの中に入って来ます。
その日を待ちわびて島の人は漁をします。リーフに入って藻を食べたスクは臭いので、その前が一瞬のチャンスです。
新鮮なスクは酢をかけて生でも食べれます。運が良ければ伊良部島でもその時期に生で食べられます。
シュノーケルをするとリーフ内の浅瀬で大群に遭遇することもあります。
この時期はスクの他にイワシやキビナゴなどの稚魚、幼魚の群れも見られます。
イワシの稚魚の群れ (1024x690)


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る