2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<葉たばこ>
宮古島では2017年度の葉たばこの収穫が始まっています。
宮古島では沖縄県内産のタバコの70%が生産されているそうです。
今期は気象条件に恵まれて作柄は良いそうで、質、量ともに豊作が期待されています。
昨年度は天候が不順で植え付けが遅くなりましたが、今期作の葉たばこは、昨年12月に種をまいてハウス内で苗を育てた後に1月に畑へ移植されています。
農家は「AP-1」という機械に乗り、少しずつ移動しながら下葉を一枚一枚丁寧に収穫していくそうです。
収穫された葉は選別・乾燥され夏には日本たばこ産業(JT)の買い取りがはじまります。
今期の葉タバコは伊良部島でも50ヘクタールほど栽培されているそうです。
タバコチームに入っているまるよしのスタッフもこの時期は大忙しです。
2011年は5月に宮古島を暴風雨域に巻き込んだ台風2号の影響で葉たばこはほとんど全滅しましたが、今年はそういうことが無いように祈っています。
葉たばこ (1024x691)


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る