2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<台風対策>
強い台風が近づくと皆、台風対策をします。
コンビニはガラスが割れないように網をかけます。
学校は休校になりますが、郵便局は休めないので大変です。
伊良部大橋が架かる前、海が荒れて船が止まりそうな時には宮古島から通う郵便局の職員さんはよくまるよしに泊り込みました。
伊良部島には佐良浜と伊良部の2つの郵便局があります。
両方の郵便局の職員さんが宿泊するとさながら職場旅行のようになります。
一泊だけならたまには良いですが、台風の動きの遅い時は2、3日も家に帰れずに疲れがたまります。
今は橋も架かり通行止めの期間は短くなって、船の時代より早く帰れるようになりました。
伊良部郵便局 (1024x689)


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る