2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<ちゃーがんじゅう体操>
沖縄県は長寿県として知られていましたが、国が公表している都道府県別平均寿命の結果、最近だんだんと順位を下げています。驚いた事に沖縄県は65歳以上を除いた65歳未満の死亡率で2010年に全国で1位になっているそうです。つまり、平均寿命を短くしているのは65歳以上の高齢者ではなく、若い世代ということが考えられそうです。
要因と考えられているのは食習慣や運動不足で生活習慣病が増えているためで、その対策の一つとして沖縄県が推奨しているのが「ちゃーがんじゅう体操」です。現在、沖縄民放3社でニュース後の天気予報の時間で放送されています。
うちなーぐちの独特の言い回しの体操です。伊良部島を訪れた機会に是非実践してみてください。
「ちゃーがんじゅう」とは、いつまでも健康とか元気という意味だそうです。
ちなみに宮古島市は沖縄県の中でも生活習慣病の割合がダントツで高いそうです。
確かに伊良部では100mまでは歩きますがそれ以上になると車で移動します。


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る