2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<伊良部の音>
伊良部の朝は畑に行くトラクターや軽トラックの音、通学途中の子供の声以外はあまり人為的な音は聞こえません。
もっぱら風の音や鳥の声など自然の音楽が流れています。
その静寂を破るごみ収集車は大音量の音楽で到着を知らせます。
曲は不定期に変わります。
民謡の時もあるし、下地勇やビギンや夏川りみの時もあります。

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る