2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<シンビジ>
伊良部島一周道路は下地島の一周道路とあわせて、伊良部島観光のメインルートになっています。
橋が架かる前は佐良浜港にカーフェリーが着いたため、時計と反対周りに島を一周するのが観光の基本ルートになっていました。
しかしながら、サバウツガーから次の観光スポットのフナウサギバナタに向かう道路は木が茂り見通しがあまり良くありません。
昔、伊良部島一周道路の工事が終わった当時は松などの植物は背丈も小さく、ドライブしている間は美しいシンビジの海や池間島がずーっと見渡せたそうです。
かつてどこからでも望めた雄大な景色は、今ではガードレールが設置された木のない場所や最近有名になった三角点と呼ばれる絶景ポイントなど一部の場所からしか見る事ができません。
伊良部大橋が架かると観光ルートにも変化がおきて、行きかう車の数も減ってしまいました。
シンビジュ02 (1024x691)

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る