2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<魚垣>
下地島の滑走路沿いの道から魚垣(ナガキ又はカツ)が臨めます。
宮古島の史跡になっている潮の干満を利用した昔からの漁法です。
下地島空港の工事が行われる前は当然滑走路も無く、佐和田の浜から通り池方面に海岸線が続いていました。
その間の海岸線にも今の魚垣の他に何ヵ所か魚垣があったそうです。
それらの魚垣も1973年に空港工事が始まるまでは実際に稼動して漁を行っていたそうです。
魚垣 (1024x769)

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る