2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<昔の地名>
下地島には津波で打ち上げられた津波石があります。
伊良部の方言を文字で書くのは無理が有りますが、有名な帯岩は地元ではウプスクビジィと呼ばれていました。
大きな帯の石という意味だそうです。
いつの間にか標準語で帯岩と呼ばれ案内板が立てられています。
帯岩の近くにはチビタオルジィ(後ろに倒れている石)という津波石もあります。
カヤッフィャも中の島海岸の看板が立ち、第1ポイントや第2ポイント、更にゼロポイントや三角点まで出現しています。
今の呼び名で聞かれても解らない事が有りますので悪しからず。

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る