2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<隠れビーチ>
下地島にはたくさんのビーチが有りますが、そのなかにオッパマというビーチがあります。
大きい浜(ウプパマ)という意味だと言われています。
昔の一周道路から入るビーチですが、ある時期その浜では酒や肴を持ち寄って夜の宴会が行われる事があったそうです。
静かな綺麗な夜の砂浜での飲み会はプライベート感たっぷりでした。
人目に付かないビーチなので怪しい飲み会も行われたと言うと噂も有りますが、定かではありません。
最近は行く人もほとんど無く、入り口も草木に覆われ砂浜には異国の漂流物が打ち上げられていますが、その分サンゴは荒らされずに手つかずの状態で生き残っています。
オッパマ (1024x630)

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る