2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<カーフェリー>
伊良部大橋が架かる前、宮古島と伊良部島間の自動車の移動はカーフェリーでした。
出来るだけ多くの車を乗船させるため、ギリギリに詰め込んで船尾のハッチが閉まらない時もありました。
乗船するときはバックでいれます。
地元の人は慣れたもので船の係員の指示でてきぱきと乗船します。
乗り慣れない観光客はあたふたしてしまいます。
奥の自動販売機にぶつけたり、ミラーをこすったり色々大変でした。
運転に自信のない人は誘導する船員さんに頼めば代わりに運転してくれたものです。
橋が架かってその心配もなくなりましたが、なんだか淋しい気もします。

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る