2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<ハマの名前>
伊良部の浜には昔からの呼び名があります。
下地島の浜にもそれぞれの呼び方があるそうです。
中の島ビーチもカヤッファ(カヤッフィャ)と呼ばれていました。
家の屋根を葺く茅がたくさんあったからだそうです。
そのほかアッタバサマ(遠い波)、ピサピシ(平らなリーフ)、カッフィ(隠れた浜)などがあるそうです。
まるよしがある国仲の集落の人はサトウキビの畑を抜けて潮干狩りなどに行きました。
同じ浜でも入る道によって呼び名が違っていたそうです。
下地島空港が出来るずっと前の話です。
カッフィ (1024x684)

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る