2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<船の話>
現在は伊良部大橋が架かり伊良部島から宮古島まで楽に行けるようになりましたが、それ以前は高速船とフェリーを利用していました。
しかしフェリーの本数が限られていため同じ時間帯の船に集中する事になり、船1台待ちは当たり前でした。
宮古へ行くのも一日仕事です。
またドック入りで本数が減ったり、天候の影響で欠航することも有り、計画どおりに宮古に渡れない事もありました。
更に前には高速船はなくもっと時間がかかったそうです。
当時は伊良部の人口も一万人を超え、高校も無かったため宮古島に通う学生もたくさんいました。
通学の船は満員で必ず何人か佐良浜港で海に落下したそうです。

「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る