2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<インバータ>
宮古島の方言で海はインといいます。
風はカジと発音するので、インカジは海風のことです。
伊良部島で初めて出来たダイビングショップの名前にもインカディが使われています。
バータは伊良部島では近くとか傍(そば)の意味で使われます。
因みにバタはお腹のことです。
地名にもバタが付く事も多く、どこどこの近くという意味に思われます。
このサイトのタイトル画像もキドマリバタという場所の遠景で、昔キドマリという集落があった場所の近くです。
ただ谷を意味するバダという言葉もあるので、谷のような地形から名前がついたのかもしれません。
そんな訳で伊良部島でインバータとは海のそばという意味で、エアコンのことではありません。
キドマリバタ



「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る