2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<ビーチコーミング>
海岸の楽しみ方の一つにビーチコーミングがあります。
ビーチコーミングとは「海岸などに打ち上げられた漂着物を収集したり、観察したりする行為」の事をいうそうです。
そんなしゃれた名前が広まる前には、単に貝拾いなどと言っていました。
ビーチコーミングの対象は漂着物なので、ビーチに打ち上げられた物は何でも含まれます。
流木や椰子の実やごみなども含まれますが、伊良部島ではもっぱら貝殻やシーグラスやサンゴの欠片が対象です。
ビーチに打ち上げられる寄り物は、海岸の地形、風向き、海に生息する生き物などによって変わるので、ビーチコーミング的にはそれぞれの浜でそれぞれ違った特色がでます。
因みにビーチは海岸、コーミングは櫛で髪をとかすように隈なく探すというような意味があるそうです。
まるよしの常連さんは、とかすほどの髪は有りませんが、隈なくビーチを徘徊してお宝を拾ってきます。
まるよしにお泊りの方も、楽しみの一つに加えてください。
海が荒れた後の、干潮時には思わぬ幸運に出逢えるかもしれません。
貝殻



「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る