2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<宮古島トライアスロン>
宮古島の4月の風物詩になっているトライアスロン。伊良部大橋が開通した2015年から伊良部島もバイクのコースに組み入れられて、伊良部島の風物詩にもなりました。
絶景の伊良部大橋を渡ると言う事で選手たちにも大好評です。
景色は素晴らしいですが、比較的平坦と言われる宮古島トライアスロンのコースの中で風も強く勾配もあるため、宮古島のムイガーと並ぶ難所としても知られるようになりました。
それだけに、やりがいのあるコースだったのですが、来年のトライアスロンから伊良部島はコースからはずされました。
理由は下地島空港の開設に伴う定期便の就航で、伊良部大橋の通行止めが困難になったためです。
せっかく伊良部島に来たトライアスロン。毎年の楽しみになっていた伊良部島の住民にとっては残念な限りです。
宮古空港のように毎日何便も飛行機が発着しているわけではなく、定期便が来ない日もある下地島空港です。
わがままで無理なお願いは重々承知ですが、トライアスロンの日だけは定期便の発着を避けてもらう事はできないのでしょうか。
そんな事を言ったら「伊良部大橋の開通から始まった伊良部大橋ウォーキング、伊良部大橋がコースに組み入れられたエコアイランド宮古島マラソンのコース変更はどうするの」などとの意見も聞かれそうです。
いずれにせよ、伊良部大橋開通につづく下地島空港の定期便復活は伊良部島の生活に色々な面で大きな影響を与えています。
ジェットスター定期便 (1024x692)



「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る