2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<潮干狩り>
昔から潮干狩りは、島の人の楽しみの一つでした。
大潮のころになると、まるよしがある伊良部島の南区の人たちは、今では中の島と呼ばれているカヤッフィャなどの下地島の海岸に潮干狩りに行ったそうです。
南区の伊良部、仲地、国仲、長浜、佐和田の各集落からは、集落に架かるそれぞれの橋を渡ってカヤッフィャやカッフィ、ピサラブ、プゥルなどの下地島の海岸を目指します。
当時の下地島にはまだ飛行場が無く、見渡す限りのサトウキビ畑です。
それぞれの集落からは、サトウキビのなかの網の目のような道を通って、目指す海岸に行けたそうです。
当時は車も少なく、馬車で行ったり、歩いて行くのが当たり前でした。
子供たちは途中の入り江で海水浴をしたり、魚釣りなどをして遊びますが、潮干狩りをする海岸で今のように潜りを楽しむ訳ではありません。
潮干狩りはサザエやシャコガイなどを探す楽しみであると同時に、実益を得る場所でもありました。
南区の集落で海水浴と言えば、入り江や波の穏やかな佐和田の浜の浅瀬でするのが日常でした。
そんな訳で、意外に思われる方もいると思いますが、島の人の中には泳ぎが苦手な人も結構います。
潮干狩りカッフィ (1024x690)


「民宿まるよし公式ブログ」はこちらから

トップに戻る