2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<道路迂回>
道路迂回 (768x1024)伊良部島では現在、様々な工事が進行中です。
土地改良や橋詰広場の新設などの公共工事をはじめ、新しいホテルなどの工事が目白押しで、下地島空港や結の橋学園の工事も工期が延びそうです。
牧山ではあらたなファームポンドが設置されました。
このファームポンドは宮古島の地下ダムから伊良部大橋を通って送られる灌漑用水を貯める貯水施設です。
新設されたファームポンドには宮古本島にある地下ダムから送水が始まったそうです。
このファームポンドから畑に水を送る送水菅の敷設工事が伊良部島の幹線道路で行われています。
そのため、長山港と白鳥岬を結ぶ横断道路などあちらこちらの道路は通行止めの所があって、迂回することになります。
迂回路の案内板が設置されていますが、伊良部の道に慣れない観光客の方々にはわかりづらく、途方にくれる方もいるかも知れません。
観光マップやカーナビを見ても、なかなか目的地にたどり着かない事もあると思いますが、迂回したことで思わぬ景色に出会えるかも知れません。
お急ぎの方はイライラするかも知れませんが、普段は通らない農道や生活道路を走って伊良部島の日常を感じてみてください。



「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る