2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の日常】
<多良間の黒糖>
多良間の黒糖 (817x1024)沖縄土産も色々ありますが、黒糖は人気商品の一つです。
黒糖と言っても、ピーナツ黒糖、ショウガ黒糖など色々有りますが、純粋の黒糖も人気です。
サトウキビを原料とした黒糖のお土産品の中には、グラニュー糖などのほかの材料が含む製品もありますが、多良間の黒糖の原材料はサトウキビだけです。
宮古製糖によると「そもそも黒糖とは、サトウキビのしぼり汁をそのまま煮詰め、加工を一切していないもののことを言う」そうです。
またその中でも、沖縄の7つの離島でしか生産されていないブランド黒糖を「沖縄黒糖」と呼びます。
因みに7つの離島とは伊平屋島・伊江島・粟国島・多良間島・小浜島・西表島・波照間島・与那国島との事をいいます。
この沖縄黒糖ブランドのひとつが多良間島の黒糖で宮古諸島では多良間産だけです。
多良間の黒糖はミネラル補給やおやつでそのまま食べるだけでなく、料理に使うとまろやかな甘みが出て料理が上手くなった様に感じます。
まるよしのリピーターの中にもお土産に多良間の黒糖を必ず買って帰る人もいます。
宮古島にお越しの方は、是非おためし下さい。
土産物店やスーパーなどで売っていて値段は様々ですが、宮古製糖の多良間工場で製造しているせいなのか、JAがらみの店で買うとお得のようです。
佐良浜Aコープ



「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る