2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<一周道路>
島と言えば海沿いに一周道路をドライブするのが定番です。
特に観光スポットが無くても、一周道路を風を感じながら走ると、なんとも言えない心地よさを感じます。
沖縄の離島でも多くの島に一周道路が整備されています。
宮古諸島でも宮古島、池間島、伊良部島、下地島、多良間島などに一周道路があります。
どの島も道路は綺麗に整備されて、ちゃんと歩道も有ります。
また高い山が無いので、ドライブ以外にもサイクリングにも最適です。
因みに大神島でも一周道路を造る計画が有りましたが、工事の最中に不思議な出来事が有って結局中止になりました。
伊良部島の一周道路ではフナウサギバナタから白鳥崎へ向かう西海岸の道や、佐良浜池間添の園地からヤマトブー大岩へ向かう道が絶景ポイントになっています。
下地島の一周道路は奇岩を望む佐和田の浜付近、17エンドを通る空港の管理道路、中の島海岸を過ぎて渡口に向かう海へ落ちるような道や2キロ以上の直線が続くシュガーロードなど見所がたくさん有ります。
シュガーロードができる前はもっと外側の道が一周道路でしたが、今は旧道になっています。
通り池近辺の道も今のレーダー基地沿いの道が一周道路だったそうです。
伊良部大橋が出来るずっと前に、伊良部島のタクシー会社が作成したマップにはシュガーロードなどはまだ掲載されていませんでした。
興味のある方は旧道を走ってみるのも、新しい景色との出会いが有って楽しいかも知れません。
20181103新生タクシー地図 (1024x744)


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る