2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<ラブホ3連泊>
今年は台風の発生が多く、天気予報を見ると毎日のように台風情報が流れています。
宮古島も最大瞬間風速70mが予想された台風8号が直撃しましたが、伊良部大橋の通行止めは約1日で済みました。
伊良部大橋が架かる前は台風が来ると、伊良部島と宮古島を結ぶ定期船の欠航は当たり前の事でした。
そのもっと昔は船も小型で、海が荒れると定期船はすぐに欠航しました。
台風に当たると欠航は何日も続きます。
伊良部島から宮古島に出かけても、帰れなくなることが日常的でした。
宮古島に泊まるとなると宿泊代も馬鹿になりません。
安い宿は直ぐに一杯になります。
当時、宮古島に働きに行っていたSお姉さんは船が欠航すると料金の安いラブホに泊まります。
「エッチするなら車の中で十分」と普段はラブホに行きませんが、台風の時に3連泊したことがあるそうです。
ホテルの受付の人もビックリしたとかで、ラブホ3連泊と語り継がれています。


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る