2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<車事情>
昔、伊良部島では車と言えば軽トラックや軽のワンボックスカーが主流で実用的な車ばかりでした。
その時代、伊良部島で走っていた乗用車もグレーや白、黒といった地味な色が多く、派手な色の乗用車や高級車は乗っていた人はごく一部でした。
当時、カラフルな目立つ車と言えば「わ」ナンバーのレンタカーばかりです。
フェリーに乗るときはナンバーを見なくてもすぐに見分けがついたものです。
因みに当時はまだ「れ」ナンバーは有りませんでした。
そんな訳で、島の運転に慣れないレンタカーを見分けるのに苦労は無かったのですが、いつの頃からか島の人もカラフルな乗用車を乗り回すようになりました。
橋が架かってからは、色も形も様々な車を見かけるようになって、平均時速も大分速くなったような気がします。
慎重な島の人はこちらが優先の十字路でも一時停止したり、スピードを落とします。
最近伊良部島でも交通事故が急増しているようです。
時代が変わって運転事情も変化したようですが、島の大きさは同じです。
そんなに急いでもたいして変わりませんよ。


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る