2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【伊良部の自然】
<パッションフルーツ>
温暖な沖縄には内地では珍しい果物が数多くあります。
マンゴーやパパイヤやパイナップルなどはトロピカルフルーツと総称されますが、その中にパッションフルーツがあります。
通常、店頭で販売されているフルーツはハウスや畑で栽培されているのが一般的ですが、サトウキビ畑の片隅に自生したり、家の庭に植えられた物でも美味しく食べられます。
昔は内地でも庭の有る家には、梅や柿や枇杷等、実の成る木が必ず植えられていたものです。
伊良部島ではマンゴーの木が庭に植えられている家も有ります。
まるよしでの駐車場には、パパイヤ、ドラゴンフルーツが植えられていて、以前はパッションフルーツもありました。
好き嫌いがあるようですが、ちょっと酸っぱくていかにもビタミンCがタップリという味です。
見かけはカエルの卵みたいだと気持ち悪がる人もいますが、いかにも南国を連想させる食感のフルーツです。
パパイヤがまんじゅうと言われるように果物も方言で呼ばれますが、パッションフルーツは外来種だそうで、伊良部でもパッションフルーツはパッションフルーツです。
20180730パッションフルーツ02 20180730パッションフルーツ02 (1024x786)


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る