2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

【まるよし人間模様】
<延泊>
非常に強い台風8号の直撃を受けた宮古島ですが、大きな被害が出なかったのは不幸中の幸いでした。被害を受けた方々にはお見舞い申し上げます。
今回の台風は発生した時から頻繁に報道され、台風に対する備えなどの防災放送も流れました。
千葉と東京から宮古島を訪れていたKさんとAさんは、台風の直撃が予想される前日、下地島空港の17エンドと呼ばれる場所で、ビーチに降りるテトラポットで悪戦苦闘していました。
それを見たまるよしに長期滞在しているYさんが声を掛けた事がきっかけになって会話が始まります。
当然話は台風ネタになって、二人が帰る予定の日が直撃の日だと判明。
「欠航した場合はまるよしに泊まれば」とまるよしの連絡先が入ったカードを渡します。
台風は予想通り宮古島を直撃して、宮古空港は閉鎖。
したたかな二人はすかさずチケットの予定を変更して、延泊の決定をします。
結果、宮古島に宿泊していた二人ですが、伊良部大橋の通行止めが解除された日から3泊、まるよしに宿泊して頂きました。
台風一過の星空や流れ星に感激したり、アクセサリー作りや貝探しをしたり、マンゴー園を訪れたり伊良部島での生活を楽しんで頂いたようです。
思わぬ偶然が、二人をまるよしに結び付けました。
次回、機会が有れば又まるよしに来てくださいね。
20180718延泊ブレスレット01 (782x1024) 20180718延泊ブレスレット02 (725x1024)



「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る