2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<マンゴー2018>
今年もマンゴーの季節が巡ってきました。
市内のスーパーや土産物屋ではマンゴーが大々的に陳列されていますが、まだ品薄でお値段も高めのようです。
今年のマンゴーは冬場の不順な天候の影響で不作と伝えられています。
宮古島も大豊作だった昨年と比べると出荷量は30%を越える減になるそうです。
そんな中、伊良部島のマンゴー園でも今週あたりから、出荷されるようになりました。
マンゴーの頃に必ず登場するHさんは毎日のようにマンゴー園に通い、自家消費分のB級品マンゴーを買っていきます。
贈答用で無ければB級品でも味は絶品で、お値段もお手頃です。
今年のマンゴーは不作が伝えられる反面、甘くて美味しいそうです。
この時期にまるよしを訪れるお客さんは是非、マンゴー園にも行ってみて下さい。
お店で買うより、思わぬラッキーが有るかもしれませんよ。
マンゴーは7月中旬がピークで、8月はじめまで楽しめます。
20180706マンゴー01 (1024x691) 20180706マンゴー02 (1024x691)


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る