2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

伊良部の風物詩】
<ロックフェスティバル>
スポーツアイランドを宣言している宮古島ですが、トライアスロンだけでは有りません。年間を通して様々なスポーツイベントが行われています。
6月に入ると、ビーチバレーやツール・ド・宮古島等が開催され、全国から参加者が集います。
そんな宮古島ですが、6月はスポーツイベントだけではなく、毎年第3週あたりの週末に宮古島ロックフェスティバルが開催されます。
今年は23日を中心に開催され、花火大会も予定されています。
当初は宮古島や沖縄出身のアーティストが中心だったようですが、最近は全国区のアーティストも参加するようになりました。
昨年は、沖縄のタレントとの不倫騒動で有名になったバンドやピコ太郎のサプライズ出演などが話題になったようです。
ロックフェスティバルはトゥリバー地区という伊良部大橋のたもとで行われます。
今や6月の風物詩になった宮古ロックフェスティバル、当然全国から観客がやって来て、飛行機も満席になります。
宮古島のホテルも一杯だとかで、橋が架かってからは伊良部島にも宿泊するようになりました。
そんな訳で、この時期のまるよしには普段とはチョット違ったロックなお客さんが宿泊します。
20180616ロックフェスティバルポスター (1024x721)


「民宿まるよし公式サイト」はこちらから

トップに戻る